つづきクリニック

刈谷市の 内科,外科,胃腸科,肛門科 つづきクリニック

〒448-0003 愛知県刈谷市一ツ木町4丁目7番地6
TEL 0566-63-6102
※上記QRコードを読み取っていただきますと、一般の携帯からは携帯サイトが、スマートフォンからは、スマートフォンサイトが閲覧可能です。

消化管の病気

逆流性食道炎とは?

逆流性食道炎
 

■食道のはたらき
食道とは食べた物の通り道で、のどから胃の入り口までの間のことをいいます。胃の中では、食べ物の消化のために胃酸が分泌されていますが、健康な状態では、その境界を下部食道括約筋などが締めつけており、食道に胃酸が逆流することはありません。食べ物が通る時には、その筋肉がゆるみ、胃の中へと落ちていきます。
■逆流性食道炎とは
何らかの原因によって、胃酸の食道への逆流が繰り返し起こり、食道に症状があらわれる病気です。胃酸が逆流する原因としては、境界部の締めつけのゆるみ、胃の中の圧力の上昇などがあげられます。胃酸の量の増加、逆流してしまった胃酸を胃に戻す働きの低下なども関係していることが分かっています。
■逆流性食道炎の主な症状
胃酸が食道に繰り返し逆流することによって、胸やけを中心とする様々な症状があらわれます。ひとによってその感じ方は様々で、のどの違和感、げっぷ、胃のもたれなどの症状となってあらわれることもあります。
■逆流性食道炎の要因
逆流性食道炎には、食習慣やストレス、そして体型や姿勢の変化などが関係しています。食べ過ぎや欧米風の食事などの食習慣、肥満や妊娠による胃の押し上げ、背中が曲がった前かがみの姿勢などによって引き起こされることがわかっています。
■逆流性食道炎の治療
逆流性食道炎の治療には、主にプロトンポンプ阻害薬などの胃酸の分泌を抑える薬が用いられます。数日間服用することで、通常、殆どのひとの症状はなくなります。
■日常生活上の注意点
日常生活での注意として以下のような点に注意してください。
・ベルトや下着などでお腹を締め付けない
・前かがみで作業しない
・重いものを持ったり、力んだりしない
・肥満や便秘にならない
・就寝時は頭からお腹にかけて高くして寝る
・酒やタバコは控える
・食後すぐに横にならない
・1回の食事量を少なめにする(腹八分目)
・早食い、食べ過ぎは避ける

 

ピロリ菌の除菌療法について

ぴろり菌
 

■ピロリ菌って何?
ピロリ菌は胃の中に好んで住み着き、胃の壁を傷つける細菌で、1980年代に発見されました。
■ピロリ菌は胃・十二指腸潰瘍の真犯人?
胃・十二指腸潰瘍の多くの方にピロリ菌感染が認められています。胃・十二指腸潰瘍は再発を繰り返す病気で、抗潰瘍薬を長期にわたって飲み続けなければなりませんが、ピロリ菌を除菌すると再発が著しく減少することが報告されています。
■ピロリ菌に感染するとどうして胃潰瘍や胃がんになるのか?
ピロリ菌に感染したからといって、胃潰瘍や胃がんに必ず罹るわけではありませんが、感染した人はほとんどの人に胃炎が起こります。除菌しない限り、ピロリ菌は胃の中に住み続け、慢性胃炎を引き起こします。慢性胃炎では、胃粘膜を保護する力が弱くなり、ストレスや塩分の多い食事、発がん物質などの攻撃を受けやすい無防備な状態となります。つまり、ピロリ菌は胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんを起こしやすい下地をつくるわけです。
■ピロリ菌がいるかどうかどうやって調べるの?
胃・十二指腸潰瘍と診断されている方は、健康保険で検査が受けられます。検査方法は胃カメラを使わない簡単な方法(尿や血液中のピロリ菌に対する抗体の有無を調べる方法や呼気を採取して調べる方法)と胃カメラを使う方法の2種類があります。
■ピロリ菌の除菌治療法はどうやるの?
2種類の抗生物質とプロトンポンプ阻害薬の3種類のお薬を1週間服用するだけです。これだけで約90%の方は胃の中からピロリ菌は完全に消えていなくなります。10%程度の人に下痢などの副作用が起こることがありますが、よれよりも除菌治療によって、再発を繰り返していた胃・十二指腸潰瘍が治ったという多くの症例により、その有用性は高いものがあります

 

感染性胃腸炎とは

感染性胃腸炎
 

■感染性胃腸炎とは
感染性胃腸炎とは、主にウイルスなどの微生物を原因とする胃腸炎の総称で、冬季から春先を中心に流行します。原因となるウイルスには、「ノロウイルス」、「ロタウイルス」、「サポウイルス」、「アデノウイルス」などがあり、主な症状は腹痛・下痢、嘔吐、発熱です。「ロタウイルス」、「アデノウイルス」による胃腸炎は、乳幼児に多く見られます。
ノロウイルス・ロタウイルスによる感染性胃腸炎は1~2日間の潜伏期間を経て、典型的には、嘔気・嘔吐、下痢・腹痛、37℃台の発熱がみられます。ノロウイルスを原因とする場合、症状が続く期間は1~2日と短期間ですが、ロタウイルスを原因とする場合は5~6日持続することもあります。また、ロタウイルスによる感染性胃腸炎の場合、便が白色になることもあります。 
■原因と感染経路 
ノロウイルスやロタウイルスなどのウイルスが、人の手などを介して、口に入ったときに感染する可能性があります。ノロウイルスによる感染性胃腸炎は、ヒトからヒトへの感染と、汚染した食品を介しておこる食中毒に分けられ、次のような感染経路があります。 
1.感染した人の便や吐物に触れた手指を介してノロウイルスが口に入る 
2.便や吐物が乾燥して、細かな塵と舞い上がり、その塵と一緒にウイルスを体内に取り込む 
3.感染した人が十分に手を洗わず調理した食品を食べる 
4.ノロウイルスを内臓に取り込んだカキやシジミなどの二枚貝を、生または不十分な加熱処理で食べる 
■感染性胃腸炎の治療 
ウイルスを原因とする感染性胃腸炎への特別な治療法はなく、症状を軽減するための対症療法が行われます。乳幼児や高齢者では下痢等による脱水症状を生じることがありますので早めに医療機関を受診することが大切です。特に高齢者は、嘔吐物が気管に入ることにより肺炎を起こすことがあるため、注意が必要です。嘔吐の症状がおさまったら少しずつ水分を補給し、安静に努め、回復期には消化しやすい食事をとるよう心がけましょう。 
■予防のポイント
1.最も大切なのは手洗いです。特に排便後、また調理や食事の前には石けんと流水で十分に手を洗いましょう。 
2.便や吐物を処理する時は、使い捨て手袋、マスク、エプロンを着用し、処理後は石けんと流水で十分に手洗いをしましょう。
3.カキなどの二枚貝を調理するときは、中心部まで十分に加熱しましょう。(中心温度85℃1分以上の加熱が必要です) 
■学校保健安全法との関係
感染性胃腸炎は学校保健安全法上、出席停止について特に明記された疾患ではありません。登園・登校の判断については、嘔吐・下痢がおさまるなど、患者さん本人の体調によって判断することが望ましいといえます。症状が消失した後も、約1週間は便の中にウイルスが排出される可能性があるため、登校後も手洗いを励行することが大切です。

 

痔のおはなし

痔
 

■はじめに
痔は、直立歩行を始めた人類の宿命ともいえる病気です。症状が出ないものまで含めると、成人の半数以上にみられると言われています。痔は直腸肛門部の血行が悪くなり、血管の一部がふくれあがる痔核、硬い便によって肛門上皮がさける裂肛、細菌感染が原因で膿が出る肛門周囲膿瘍・痔瘻の3つに大きく分けられます。
■痔核
痔核には、歯状線よりも上の粘膜の部分にできる内痔核と、下の皮膚にできる外痔核があります。普通、痔核というと内痔核をさします。外痔核は痛覚のある皮膚の部分にできるので痛みを伴いますが、内痔核は痛覚のない粘膜にできるので痛くありません。ところが、内痔核も程度が進んでくると、肛門外に脱出し、外痔核を伴うようになってきます。その結果、痛みが出てくるというわけです。
■裂肛
裂肛になると排便時に痛むために、トイレをがまんしてますます便が硬くなり、悪化することがあります。こうなると傷が慢性化して肛門潰瘍となり、肛門が狭くなってしまいます。そして、ますます便が通りにくくなり、傷がひどくなるといった悪循環を繰り返すことになります。
■痔瘻
直腸と肛門の境目、つまり歯状線の小さなくぼみから大腸菌などが入り込み、直腸と肛門の周囲が化膿したものを肛門周囲膿瘍といいます。膿瘍が切開されるか、あるいは自然に破れたりすると膿が出て、直腸、肛門とつながった膿の管ができます。これを痔瘻といいます。
■痔を予防するコツ
・毎日お風呂に入る
お風呂に入ると体が温まり、血行が良くなります。また、清潔にもなります。お風呂は一番の予防・治療法です。
・おしりをきれいに
おしりを汚くしておくと細菌が繁殖し、かゆくなり炎症を起こします。排便の後は、できるだけきれいにしましょう。
・便秘・下痢に注意
便秘をすると硬い便がたまって、肛門を傷つけることがあります。また排便のとき強くいきむため、肛門付近のうっ血をきたします。下痢は肛門を刺激し不潔にもなり、細菌感染を起こしやすくします。
・トイレで強くいきまない
排便のとき強くいきむと、肛門のうっ血や出血をきたすことがあります。また、力仕事とか過激なスポーツなども、肛門に負担がかかるのでよくありません。
・腰を冷やさない
腰を冷やすと肛門の血行が悪くなるので、よくありません。
・座りっぱなしはよくない
座りっぱなしや立ちっぱなしでいると、肛門のうっ血をきたすことがあります。時々軽く体操をして、血行をよくしましょう。長時間のドライブは避けましょう。
・酒、コショウ、からしなどの刺激物は控え目に
酒などのアルコール類、コショウ、からしなどは肛門を刺激し、うっ血をきたします。できるだけ控え目にしましょう。